株式会社 池田産業 公式サイト | 愛知・岐阜・三重県での店舗・病院・事務所ビル・工場などの建築設備設計・施工

MENU

採用情報

スタッフの声 配管工事担当

熱意と夢にあふれ、業界の最前線で活躍する先輩たちを紹介します!


小田川紘丈

1998年入社
前職:耐火被覆工事


お客様の喜ぶ顔を見ると、苦労も吹き飛びます。

僕は多治見市の公共工事、上下水道の本管の埋設や、多治見市や春日井市での民間工事、建物新築時の水道まわりの工事などを、16年に渡り担当してきました。誰にも負けないよう心がけているのは、元気なあいさつと、お客様(水道を使うエンドユーザー様)への心配り。工事中に車の出入りされる時など、急いで鉄板を敷き2度3度と頭を下げ、笑顔でコミュニケーションをとるようにしています。水道工事は工期も短く、顔までは覚えてもらえないのが普通ですが、たまたま街中でお客様とばったり会い「あの時はありがとう。また何かあったら頼むからよろしく!」と声をかけられてびっくりすることもあるんですよ。本当に嬉しい瞬間です!


「何でも相談してくれ」社員を支えてくれる専務。

私ごとですが、最近家族に介護が必要になり、不安を感じていました。専務はそんな僕の浮かない表情を見逃さずに、「何か困っていることはないか?」と声をかけてくれ、プライベートな苦労話に耳を傾け、「できることは何でもするから言って」と親身に寄り添ってくれました。会社の成長が早すぎて、ベテラン社員についつい負担がかかってしまう時もありますが、専務はそんな状況を決して放ってはおかず、どんなに遠方の現場でも朝イチバンにやってきて、少しでも仕事がラクになるように、できる限りの計らいをしてくれます。うちは決して大きな会社ではありませんが、「いざというときでも見捨てない。社員のことを大事に考えてくれる」という安心感は、ひょっとしたらどんな優良企業よりも上かも知れません。


渡部辰信

2010年入社
前職:メーカー製造スタッフ


見えないところまでこだわる、施工品質。

ひと口に「水道屋さん」といっても、色々な会社があります。うちは公共工事から民間工事、多様な水道設備、舗装工事、コンクリート工事や時には井戸の掘削まで、オールマイティーにやるので、「手に職」の幅が広く、施工クオリティーも一段上のものが身に付きますよ。目に見えない内側の美観にまでこだわる徹底ぶりで、地下式消火栓の底に砂を敷いたり、一般住宅の埋込散水栓の底には玉砂利を敷くなどして、お客様から喜ばれています。


2級土木施工管理技士にチャレンジ。

「設備や器具の取り付けは、「できることが増えた!」と実感することができ、好きな仕事です。手洗いやトイレの取り付けでは、ミリ単位でキッチリ施工。何のトラブルもなく無事施工できると「やった!」という満足感が毎回あります。会社から、資格取得も応援してもらっています。今は2級土木施工管理技士にチャレンジしているところで、先日、学科試験のほうは受かりました。我ながら「いいペースで成長できているな」と実感しています。


佐橋真一

2012年入社
前職:高速道路の保全


失敗やミスへの冷静な対処は、業界の鑑です。

僕は職人として、店舗やマンションなど様々な建物の、給排水、給湯、トイレ、空調といった設備の工事を担当しています。2年目の今は、先輩の指示を仰ぎながら下積みをしています。この業界、「図面と実際の現場が違う」というギャップはつきもので、それはもう、実際にいくつも壁にぶち当たって乗り越え、体で覚えていくしかありません。やってみて「失敗した!」ということも出てきます。ただ、失敗をしても、感情的に怒られたことは一度もなく、「次はしっかりやれよ」と、新しいチャンスをくれる会社です。上司が冷静なほど、逆に「悪かった」という自己の反省は深く、すべての失敗を写真に撮って、戒めにしています。


工事部の頂点を目指しています。

会社の成長に自分も追いつけるように、施工管理の安藤さんはじめ先輩方に教えてもらいながら、仕事の幅を広げる努力をしています。工事部内の最高ランクは、キッチリ万全な施工をしながら、協力会社を取りまとめる管理もでき、後輩への指導もゆきとどく「現場をスムーズに運ぶ」職人。自分が目指すのはその頂点です。お客様だけでなく、仲間に対しても誠実で、自分のためにも頑張れる、ここの風土が大好きなので、少しでも貢献したいと願っています。